海外赴任のぎりぎりまで車を使い続けられるJCMという車買取会社

車の売却をしたがっている方々の状況は、多岐に渡ります。その中には、海外赴任が関係しているケースがありますね。

 

例えば車をぎりぎりまで使い続けたいというケースです。日常生活の色々な局面で車を利用する必要があるので、出国をする日のぎりぎりまで車を使っておきたいと考えている方もいらっしゃる訳です。

 

では車の買取店ではぎりぎりまで使い続けるのは可能かというと、不可能なケースもあります。ぎりぎりまで使うというより、極力早めに売却をしないと対応が難しいというケースは多く見られるそうです。出国の当日まで使いたい顧客としては、ちょっとそれは困ってしまいますね。

 

もしも出国のぎりぎりまで使いたいのであれば、JCMという会社を利用するのも1つの方法です。この会社では、海外赴任を行いたいと思っている方々には最適だと思います。

 

上記のようにぎりぎりまで使いたいと考えている方々は比較的多いそうなのですが、JCMの場合はそれが可能なのだそうです。空港から日本の外へ出国するぎりぎりの段階で、JCMに車を売却する事も可能だそうです。

 

またJCMでは、日本全国のありとあらゆる空港と提携しているそうです。ですのでどの空港から出国する際にも、ぎりぎりまで使い続けることが可能だそうです。
タント 買取

 

ちなみに査定自体は、出国をする少し前のタイミングで行うようになるそうです。出国する1ヶ月前の段階で査定を行うケースも多々ありますが、出国日に大きく査定金額がダウンする事は無いのだそうです。つまり出国を1ヶ月前に提示された金額が100万円であれば、出国当日にはJCMに100万円で売却する事になります。1ヶ月を経過したからといって、80万円や70万円などになる事は無いそうです。

 

数ある車買取業者の中でも、かなり独自な方法を採用している所だと思います。